日本でのヨガブーム

日本でのヨガブーム

今ではヨガスタジオや公園、おうちでも行われているヨガ。さまざまな種類のヨガが楽しまれています。健康を気にかける人や美意識の高い人たちをはじめとして100万人以上もいるとされるヨガ人口は今でも増え続けています。

 

日本のヨガブーム

 

日本には平安時代からヨガの歴史がありました。その当時は瞑想中心のヨガでした。

 

その後、沖正弘らが1958年に「日本ヨガ協会」を設立し、1970年代に第一次ヨガブームが起こりました。その後もヨガブームが起こり、2000年代にハリウッドセレブを中心として世界規模でのヨガブームが起こりました。日本にももちろんそのブームは流れ込み、スタイル維持に努めるモデルや芸能人などからも人気を経て現在でもそのヨガブームは日本各地で続いています。日本でのヨガブームは専門雑誌が数冊創刊されたり、ヨガスタジオができたり、エクササイズとしてもリラックス法としても幅広い世代の人に親しまれています。

 

マタニティヨガは妊婦でもヨガができ、それ以外にもシェイプアップを目的としたヨガも考案されるようになりました。高温多湿の中でヨガを行うホットヨガも最近では広く親しまれるようになりました。精神統一のために、リラックスするために、決して激しい運動ではありませんが、じんわりと汗をかくほどのものになります。

 

ヨガの登場は、激しい運動が苦手な人でも体幹を鍛えることができ、エクササイズできるのでひとつの健康法としても注目を集めています。日本でのヨガブームはこれからも引き続き継続していくでしょう。

 

 

当サイトのトップページでは、横浜でホットヨガ・溶岩ヨガ・岩盤ヨガができるスタジオを紹介しています。
ホットヨガ・溶岩ヨガ・岩盤ヨガに興味がある方はサイトトップページをご覧ください。


横浜でホットヨガ・溶岩ヨガ・岩盤ヨガが体験できるスタジオ日本のヨガブーム

トップへ戻る