ホットヨガの効果

ホットヨガの効果〜妊活中の体質改善〜

妊活を続けている人の中には、どのようなことであっても効果があると聞いたことには挑戦したいと思っている人も少なくはありません。

 

高い室温の中でヨガを行うホットヨガは、行うヨガスタジオも増えてきており、妊活にも効果があるとして注目されています。

 

なぜ、ホットヨガが妊活に効果があるとされているのかはいくつかの理由が考えられます。

 

まずヨガを行うことで骨盤の歪みを改善することが出来るということが挙げられます。骨盤の歪みを改善することにより、圧迫されていた子宮や卵巣が解放され、働きが活発になる可能性があります。

 

その結果、ホルモンバランスも整いやすくなります。

 

 

さらに、ヨガではゆったりとした呼吸をしながらポーズをとりますので、リラックス効果を期待することが出来ます。

 

ストレス社会と言われている現代において、リラックスすることが出来る時間を作るということは非常に大切です。

 

 

女性は、男性に比べて冷え性に悩まされている人が多いという調査結果があります。

 

体の冷えは卵巣や子宮の働きが悪くなる原因となっている可能性があります。室温が40℃近い中で行われるホットヨガは、全身の血行を良くすることが出来ますので、温活にも繋がります。

 

 

ただし、注意しなければならないこともあります。

 

それが、すぐに効果が出るわけではないということです。効果の表れ方は一人ひとり異なりますが、体質を改善するためには1年以上掛かるということも珍しくはありません。

 

大切なことは、自分のペースでストレスをためずに続けていくということでしょう。短期間だけ一生懸命に行うよりも、無理のない範囲で行うことをおすすめします。

 

また、ホットヨガは体温よりも高い室温の中で行われますので、普段よりも筋肉が伸びやすい状態になります。

 

心地よいと感じる程度の強度で行う分には良いですが、無理をしてポーズをとってしまうと、筋肉や筋を痛めてしまう可能性があります。一生懸命に行うのは構いませんが、無理は禁物です。初めて行う人ほど加減を知らず怪我をしてしまう可能性が高いため、十分に注意をする必要があります。

 

高温の中で行うことで大量の汗をかきますので、脱水症状が起こる可能性があります。水分はこまめに摂取するようにしましょう。大量に汗をかくと、水分だけではなくミネラル分も排出されますので、スポーツドリンクを水分補給に使用することも大切でしょう。

 

妊活に励んでいるという人のほとんどは、自身の基礎体温を計測し、記録しているはずです。

 

高温期にホットヨガを行うことによって、卵子の子宮着床を妨げる可能性があるとされていますので、気になる場合には高温期は避けるようにしましょう。

 

もし、持病で病院通いをしていたり、日常的に医薬品を服用しているという場合には、何らかの影響がある可能性も否定することは出来ません。

 

安全に行うためにも、かかりつけ医に相談をした上で行うようにすることをおすすめします。

 

 

また、妊活には葉酸サプリが欠かせないと言われています。

 

ホットヨガで体質改善しながら、葉酸サプリで栄養補給を行えば妊活もいい方向へ向かうでしょう。

おすすめの葉酸サプリを紹介!!

葉酸は水溶性のビタミンB群の一種で、ほうれん草などに多く含有されている健康に欠かせない成分です。

 

その働きの中でも重要なのは、赤血球を作り出す働きです。赤血球というのは4か月ごとに新しくされますが、その際に葉酸が不足すると正常に赤血球を作り出すことができません。また細胞を作り出すために必要な成分であるタンパク質を合成する働きもあります。

 

ただ、葉酸は食べ物から摂取しても体外に放出されやすいために、不足分をサプリメントで補うことが良いとされています。

 

 

特にサプリメントから摂取することが奨励されているのは、妊娠前、妊娠中、出産後の女性です。

 

というのは胎児の細胞が作られて行く過程においてタンパク質が欠かせないからです。また胎児の神経管欠損という先天異常の病気になるリスクを軽減させることができます。

 

最近はこのような知識は随分と浸透していますが、まだ知らない方も少なくないようです。

 

また、動脈硬化が心配な方にもおすすめです。葉酸が不足すると動脈硬化のリスクが高くなってしまいます。動脈硬化とはその名の通り動脈が硬くなったり、弾力を失ったりすることで血流が悪くなってしまうことを言います。この状態が悪化すると、大きな後遺症や最悪死ぬ危険もある脳出血や脳梗塞、狭心症、心筋梗塞など恐ろしい病気の原因にもなります。そのため血液をさらっとさせることも大切ですが、同時に柔軟性のある血管を作ることも非常に大切です。

 

さらに葉酸サプリメントは貧血気味の人にもおすすめです。

 

普段からめまいやたちくらみがするとか、脱力感、手足がしびれるなどの症状がある方は、貧血の可能性があります。これは男女を問いません。貧血には赤血球が不足して起こる悪性貧血や鉄分が不足して怒る鉄欠乏性貧血など、いくつかの種類がありますが、サプリメントを摂取することで効果が期待できるのは、赤血球の製造を促すことができるために悪性貧血に対して効果が期待できます。

 

様々な種類のサプリメントが販売されていますが、価格は1カ月分で3000円前後で販売されています。1日あたり400μg摂取することができればOKです。

 

1日1000μgを超えると過剰摂取となるので注意しましょう。

 

また、その他の成分として何が含まれているかも注目すると良いでしょう。

 

たとえば、食物繊維やカルシウム、亜鉛、鉄分、ビタミンなど不足気味だと感じている成分が含有されているものを選ぶと良いでしょう。

 

 

イチオシの葉酸サプリメントはワノミライカのショウガ葉酸

今、様々な葉酸サプリが販売しています。どのメーカーも葉酸の推奨摂取量の400μgを配合するのが基準。それに加えて、他の成分で差別化をしています。

 

どれも似たような葉酸サプリの中で、他とは違ったことをしてる葉酸サプリがあります。

 

その葉酸サプリが、ワノミライカのショウガ葉酸です。

 

ワノミライカショウガ葉酸

 

 

このショウガ葉酸は、妊活中、妊娠前期と妊娠後期で葉酸の配合量を変えているんです。

 

なぜ配合量を変えるのか?

 

 

実は、厚生労働省の推奨摂取量は妊娠初期と妊娠中後期では異なっているんです。

 

厚生労働省推奨の葉酸摂取量

 

妊娠中期に入っても今まで通り400μgの葉酸サプリを飲んでるとどうなるかわかりますよね。

 

過剰摂取になるんです。

 

 

ワノミライカのショウガ葉酸はこの点に注目し、妊活中と妊娠後の葉酸サプリの種類を分けて販売しているんです。

 

ワノミライカのショウガ葉酸の配合量

 

図でわかるように、葉酸以外の成分の配合量も胎児のことを考えて増やしたりしています。

 

 

このように、ワノミライカのショウガ葉酸サプリは、女性の体、胎児のことを第一に考えて作られています。

 

他にも、商品名に入ってる「ショウガ」を配合。

 

温活のために国産天然ショウガの有効成分を配合しています。

 

ホットヨガで温活にもなりますがさらにショウガのパワーでも冷えから体を守る温活をすることができます。

 

簡単に特徴を説明しましたが、ワノミライカのショウガ葉酸の詳細は公式サイトを確認してください。

 

>>ワノミライカのショウガ葉酸の詳細を見る

 

 

ショウガ葉酸の公式サイトで気になる商品を発見!!

ショウガ葉酸の公式サイトを見てると「ウムリン」という商品を見つけました。

 

ウムリンとは

 

ウムリンとは

 

簡単に言えば、卵の状態を良くするサプリメント。

 

なかなか妊娠できずに困ってる人がこのサプリを飲んでみたところ・・・

 

喜びの声が多く寄せられてるそうです。

 

>>ウムリンの喜びの声を見てみる

 

医大との共同開発で生まれた成分のウムリンは学会誌にも発表され、メディアにも取り上げられた注目の成分です。

 

クリニックでも認められるほど高い品質のサプリメントです。

 

 

30代、40代の妊活中の女性にはぜひチェックしてもらいたいサプリメントですよ。

 

>>ワノミライカのウムリンの詳細を見る

 

 

 

 

 

当サイトのトップページでは、横浜でホットヨガ・溶岩ヨガ・岩盤ヨガができるスタジオを紹介しています。
ホットヨガ・溶岩ヨガ・岩盤ヨガに興味がある方はサイトトップページをご覧ください。


横浜でホットヨガ・溶岩ヨガ・岩盤ヨガが体験できるスタジオホットヨガ,効果

トップへ戻る