ホットヨガするときに気をつけること、用意すること

ホットヨガするときに気をつけること、用意すること

ホットヨガをはじめる時に何を用意して良いかわからない方もいるかと思います。

 

しかし、ヨガもエクササイズの一つとして考えられるので、特別なものを用意する必要はありません。

 

強いていえばヨガマットが挙げられます。

 

 

じゅうたんや畳の上で行うことがベストですが、木製の床の場合は滑ることを防止するため、床の上にヨガマットを敷いて行ってください。

 

ヨガマットを敷くことで、滑りにくく、クッション性もあるので安全に行うことができます。

 

 

また、くるくる丸めることができるので持ち運びも軽くてラクです。

 

ホットヨガでは大量に汗をかくので、じゅうたんや畳、ヨガマットの上にさらにバスタオルを敷くといいでしょう。

 

 

そして、水が必要です。

 

ホットヨガ気を付ける事

 

不要なものを汗として出し、新たに水分を摂っていくことで体の中がキレイになっていきます。

 

そのため、ホットヨガの最中、汗をかいているときはこまめに水分補給していくのをおすすめします。

 

ホットヨガを行う室内では水分が不足すると体調を崩すこともあります。

 

夏場は特にこまめな水分補給をし、汗をどんどん出していきましょう。

 

 

服装を悩む方もいますが、自分自身が体を動かしやすいものであれば特に指定のウェアはありません。

 

 

鏡を見ながら自分のポーズを確認していくので、トレーナーなどの厚みのあるものよりも薄着で体のラインが確認できるものの方がいいでしょう。

 

 

 

ホットヨガをする2時間前からエクササイズ後の1時間は食べ物の摂取を控えましょう。

 

ヨガをする前に食べると気分が悪くなったりします。

 

さらに、ヨガ後は食べたものを吸収する力が高まっているのでしばらく時間をおくことでダイエット効果もよりアップさせることできます。

 

ホットヨガの効果を存分に発揮させるために気をつけることをしっかり守り、効率的に行っていきましょう。

 

そうすれば、あなたの身体も確実に良い方向へと変わっていきます。

 

 

当サイトのトップページでは、横浜でホットヨガ・溶岩ヨガ・岩盤ヨガができるスタジオを紹介しています。
ホットヨガ・溶岩ヨガ・岩盤ヨガに興味がある方はサイトトップページをご覧ください。


横浜でホットヨガ・溶岩ヨガ・岩盤ヨガが体験できるスタジオホットヨガ気を付ける事

トップへ戻る